素敵な賃貸オフィス

企業に不可欠

オフィスのテーブル

企業には本部や支部となる事務所が必要不可欠である。特に小売店や利用客が訪れるようなタイプのオフィスであればなおさらである。そんな時に賃貸事務所を便利に利用することができる。

形態に合わせる

空を反射するビルの窓

賃貸事務所を借りる際は、その事務所で何を行なうかといった点を基準に決めることが大事である。客層と立地条件を合致させ、事務所の回転がうまくいくようにしたいものである。

不動産仲介業者選び

人のいないオフィス

不動産の賃貸を利用するのであれば、不動産仲介業者の力は必要不可欠である。その土地には長く経営している不動産仲介業者がおり、賃貸事務所についてのノウハウを持っている。

来客に事務に必要

カラフルなクリップ

街には商業施設が集まる繁華街や歓楽街、そして企業の事務所が軒を連ねるオフィス街などがある。
街はそれぞれの機能に合わせて発達しており、オフィス街にはビジネスを行なうにふさわしい雰囲気が充実している。
オフィス街の特徴といえば、機能的で近代的なビルが立ち並んでいることである。
駅や交通機関も便利に整備されており、線路沿いには関連する企業や商業施設が林立する傾向にある。
こうした街にあるオフィスといえば、自社ビルを持っている企業もあるが、ほとんどが賃貸事務所や色んな企業や店が入っている雑居ビルとなっている。
雑居ビルに入居する企業には企業の支店や小さなベンチャー企業などがある。

起業するときには大企業と比べると資金力が少ないのが当然である。
このため、最初から自社ビルを建設するという会社はなかなか無い。
六本木といった日本の主要なビジネス街には高層タワーがあるが、その中に入っている事務所も基本的には賃貸なのである。
賃貸であれば移動もしやすく、事業が拡大したときはまたさらに広い場所に移れば良い。
自社ビルはやはり憧れではあるが、賃貸事務所もかなり使い勝手が良い賃貸物件なのである。
賃貸事務所を借りるときは、住居と同じように立地を考慮に入れなければならない。
また、事務所で働く人数によっては、一人3坪のスペースがあった方が理想とされている。
賃料についても考えなければならないので、あらゆる点を吟味するために不動産仲介業者との連携が必要不可欠となる。